合同説明会に参加するポイント

合同説明会は、多くの就活生が参加するので、気の合う仲間を見つける機会ともなります。

主催者側としても、会社と学生との面談だけでなく、一種の交流イベントとして企画するケースも増えています。
それ故、参加するだけでも楽しい合同説明会となっています。
また、企業情報を積極的に収集することができるので、自分にとって有意義な場になるわけです。



企業側としても、多くの学生との面談を望んでおり、採用面接と異なり親密性の高い雰囲気になっています。特に人気企業のブースは混雑が予想されるので、早めのエントリーが望ましいと言えます。



合同説明会には、本採用での人事担当者が来場するケースが殆どなので、選考過程に進みたい場合は、意向を伝えおくのが良い方法となります。合同説明会のメリットとしては、第一志望以外の会社の話が聞けることも挙げられます。
第一志望は、兎角、会社の知名度や規模によって選びがちですが、自分が良く知らない会社の中にも将来性が高いところが沢山あるからです。



特に会社の担当者から直に聞けることは大きなメリットがあり、真の会社の良さが伝わってくると言えます。


また、多くの面談等によって経験を積むことで、採用面接での度胸も付くので、冷静に自分をアピールする訓練にもなります。

何より、採用面接では気軽に聞けない内容も、合同面接ではざっくばらんに聞けるので、自分がやりたいことが本当に出来るのかどうか確かめられるわけです。